-

自動車を売る時や、そして車の処分の際も印鑑証明書がなければなりません。それではこの印鑑証明に関して説明していきます。印鑑証明というのは、実印として効力を持つことを証明する目的を持つ正式な書類です。これがなければ、その印鑑について実印で間違いないという事実が実証できません。大金が動く取引になる中古車の買取なので、必然的に実印が必要になることになりますが、その時にこの印鑑証明も登場します。役所で印鑑証明を発行するためには、印鑑証明の手続きをしなければなりません。印鑑証明書に登録するはんこは実印と呼ばれ、世界で唯一のハンコであることが条件です。実印を手配して、役所の受付へ出向けば、印鑑登録できます。印鑑登録の手続きが完了すると、印鑑登録カードなるものが交付され、印鑑登録手続きをしたはんこは実印ということになります。印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を交付してもらうためには、市役所などの担当部署へ出向き、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要項目を書き込んで、印鑑登録カードを提示するだけで大丈夫です。さらに、自動交付機で印鑑証明を発行することができます。印鑑証明には期限切れなどはありません。なのでどんなに前の印鑑証明であろうがその効力は半永久的に持続するということです。しかしながらクルマ買取のときには、必要となる印鑑証明は現在より3ヶ月以内に発行された書類とされています。ほとんどの場合有効期限を気にする必要はありませんが自動車買取の際は相手側が必須となる有効期限を設定していますので、もしも車両の買い取り予定の車があるのならば、はじめに用意しておくとスムーズに進みます。